お見合いの釣書

最近では再婚や、再々婚と言っても特に珍しいことではなく、いろいろな形の結婚が世間にも受け入れられる時代になってきたと言えます。また、結婚相談所を利用して理想のパートナーを探す方や、お見合いパーティーに気軽に参加するなど、出会いの方法としても一昔前では想像ができないくらい増えていますし、その気軽さも特徴です。そのような時代ですが、今も昔も変わらない点としては、お見合いの際には釣書というものが利用されるということでしょう。釣書というのは自分のプロフィールを記したもので、就職活動で使うところの履歴書のようなものです。

仲人を通じてお見合いや結納の際に相手側に渡されることが多いですが、お互いに受け取った後はそれぞれが持ち帰り、各々の親族たちがそれを見ながらああだこうだと話が盛り上がるといったかたちです。単に必要な情報だけを掲載した情報の羅列というようなものではなく、それを見た相手方がご自身に好感を持つように、好印象を与える書き方が大切です。本人同士の対面でお互いに好感を持っても、釣書に欠かれた内容や書き方が非常識なものであったなら、相手方の親族の方々から不評となってしまっても仕方がありません。そのようなことを避けるため、渡した相手に好印象を与える釣書の書き方のポイントについて知っておく必要があります。当サイトではこれからお見合いを考えているという方などに向け、釣書の書き方のポイントについて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


《 お見合いに関するサイト 》
現代ではお見合いをする以前に、なかなか仲介人の方がいませんので、お見合いの場が設けられないといったこともあると思います。しかし結婚相談所を利用すれば、スタッフが仲介人となってくれるので、気軽にお見合いへ参加することが可能です。釣書の書き方などのアドバイスも受けられますので、結婚相談所への入会を検討してみるのも良いでしょう ⇒ 結婚相談所

お見合いの履歴書